【デュエルマスターズ】昔の思い出を振り返る DMC-36 「ヘヴン・オブ・ドラゴン」DMC-37 「バイオレンス・エンジェル」DMC-38 「キャッスル・オブ・デーモン」DMC-39 「ビクトリー・ソウル」DMC-40 「ヘヴィ・デス・メタル」

2017.02.12 03:20 |カテゴリ:昔のカードを振り返るコメント(11)

タグ: デュエル・マスターズ


スーパーデッキゼロ2

【デュエルマスターズ】昔の思い出を振り返る DMC-36 「ヘヴン・オブ・ドラゴン」DMC-37 「バイオレンス・エンジェル」DMC-38 「キャッスル・オブ・デーモン」DMC-39 「ビクトリー・ソウル」DMC-40 「ヘヴィ・デス・メタル」





スーパーデッキゼロ1

1.自分の思い出を振り返っていろいろ書いてみました。
当時の思い出や人から聞いた話を元に執筆している記事なので当時の実際の状況と異なる場合がありますので、もしも当時の状況など間違いがあれば些細な事で構いませんので指摘頂けると助かります。

2.当時の思い出を元に当時の自分の周囲の環境をもとに記事を構成しています。

3.一部当時のものと異なる画像を利用しています。

デュエルマスターズ DMC-36 スーパーデッキ ゼロ ヘヴン・オブ・ドラゴンデュエルマスターズ DMC-37 スーパーデッキ ゼロ バイオレンス・エンジェルデュエルマスターズ DMC-38 スーパーデッキ・ゼロ キャッスル・オブ・デーモンデュエルマスターズ DMC-39 スーパーデッキ・ゼロ ビクトリー・ソウルデュエルマスターズ DMC-40 スーパーデッキ・ゼロ ヘヴィ・デス・メタル

2007年7月21日にDMC-36 「ヘヴン・オブ・ドラゴン」、DMC-37 「バイオレンス・エンジェル」。
2007年11月23日にDMC-38 「キャッスル・オブ・デーモン」、DMC-39 「ビクトリー・ソウル」。
2008年1月19日にDMC-40 「ヘヴィ・デス・メタル」が発売。

(DMC-38 「キャッスル・オブ・デーモン」、DMC-39 「ビクトリー・ソウル」の解禁後の画像が見当たらずこちらの画像ですがもしあればご提供頂けると助かります。)

この時のカードには5周年記念のマークが印字されており、今年(記事執筆時点)はデュエルマスターズ15周年の年ですので、ちょうど10年が経過した事になります。

デュエルマスターズ DMC-36 スーパーデッキ ゼロ ヘヴン・オブ・ドラゴン

デュエルマスターズ DMC36-006S 《紅神龍バルガゲイザー》デュエルマスターズ DMC36-003S 《バルキリー・ドラゴン》デュエルマスターズ DMC36-005S 《アルティメット・ドラゴン》デュエルマスターズ DMC36-004S 《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》デュエルマスターズ DMC36-018R 《地獄スクラッパー》デュエルマスターズ DMC36-017R 《インフィニティ・ドラゴン》デュエルマスターズ DMC36-020UC 《アンビシャス・ドラゴン》デュエルマスターズ DMC36-021UC 《紅神龍ガルドス》デュエルマスターズ DMC36-022UC 《コッコ・ルピア》デュエルマスターズ DMC36-023UC 《チッタ・ペロル》デュエルマスターズ DMC36-028C 《トット・ピピッチ》デュエルマスターズ DMC36-027C 《フレミングジェット・ドラゴン》デュエルマスターズ DMC36-016R 《デーモン・ハンド》

連ドラがコンセプトのデッキ、「ヘヴン・オブ・ドラゴン」。
憧れの「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」がエースとして収録されたほか、各種ドラゴンやコンセプトである連ドラの基礎となる「紅神龍バルガゲイザー」や「コッコ・ルピア」、当時手に入りづらかった「地獄スクラッパー」「デーモン・ハンド」といった基本的なS・トリガーがそれぞれ4枚ずつ収録された事が衝撃的でした。

「チッタ・ペロル」+「紅神龍ガルドス」によるタップキルコンボ(通称:チッタガルドス)があったため、ミラーマッチはこれが揃った側が「コッコ・ルピア」を破壊しつくす流れがありましたが、後に「クリムゾン・チャージャー」や「フレイムバーン・ドラゴン」を入れて、さらにミラーの「コッコ・ルピア」を対策したり、それに頼りすぎない戦法を取るようになりました。

デュエルマスターズ DMC-37 スーパーデッキ ゼロ バイオレンス・エンジェル

デュエルマスターズ DMC37-001 《神門の精霊エールフリート》デュエルマスターズ DMC37-002S 《天海の精霊シリウス》デュエルマスターズ DMC37-008BE 《風撃の求道者ラ・バイル》デュエルマスターズ DMC37-007BE 《聖霊王アルカディアス》デュエルマスターズ DMC37-010R 《新星の精霊アルシア》デュエルマスターズ DMC37-009R 《光翼の精霊サイフォス》デュエルマスターズ DMC37-011R 《ホーリー・スパーク》デュエルマスターズ DMC37-012R 《ヘブンズ・ゲート》デュエルマスターズ DMC37-014R 《アクアン》デュエルマスターズ DMC37-013R 《アクア・サーファー》デュエルマスターズ DMC37-015R 《トリプル・ブレイン》デュエルマスターズ DMC37-019UC 《サイバー・ブレイン》デュエルマスターズ DMC37-025C 《エメラル》デュエルマスターズ DMC37-026C 《エナジー・ライト》デュエルマスターズ DMC37-024UC 《電脳聖者タージマル》

「ヘブンズ・ゲート」をコンセプトに据えたデッキ、「バイオレンス・エンジェル」。
当時としてはコストもサイズも最大級だった「天海の精霊シリウス」や、「ヘブンズ・ゲート」と相性が良いカードが軒並み4枚ずつ収録されたほか、「ホーリー・スパーク」や「アクア・サーファー」といった基本的なS・トリガーがそれぞれ4枚ずつ収録された事が衝撃的でした。

「ヘブンズ・ゲート」で「天海の精霊シリウス」を2体出すシーンがとても好きで、メシスさんのDMCGIexで友達とこのデッキを使って遊んでいた思い出があります。
当時はコストの数字とパワーの数値の頭が同等かプラスマイナス1程度で、コスト4ならコスト4000、コスト7ならパワー7000、という程度だったので、12000という高パワーのブロッカーが2体立ち、なおかつどちらもT・ブレイカーというのが非常に強力で、この頃ブロッカー対策の主流だった「火炎流星弾」から逃れることのできるパワーであることも大きかったです。
また、「悪魔聖霊バルホルス」と「ヘブンズ・ゲート」の相性が良かったため、このデッキに「悪魔聖霊バルホルス」を入れた構築も良く見かけられました。
「電脳聖者タージマル」の再録は後に「ボルシャック・大和・ドラゴン」や「永遠のジャック・ヴァルディ」が出るので、このタイミングで手に入るのはありがたかったのではないでしょうか。

デュエルマスターズ DMC37-001 《神門の精霊エールフリート》

新規収録カードは「神門の精霊エールフリート」。「ヘブンズ・ゲート」を手札に加えるのに役立ちましたが、使い道はそれだけではなく、3枚のうち呪文を1枚手札に、残りのカードは墓地に置くことから、墓地からクリーチャーを蘇生する呪文である「インフェルノ・サイン」などと組み合わせたこともありました。

デュエルマスターズ DMC-38 スーパーデッキ・ゼロ キャッスル・オブ・デーモン

デュエルマスターズ DMC38-001 《魔城の黒鬼オルガイザ》デュエルマスターズ DMC38-006S 《悪魔神ドルバロム》デュエルマスターズ DMC38-007S 《悪魔神バロム》デュエルマスターズ DMC38-008S 《封魔の戦慄ジュマゾール》デュエルマスターズ DMC38-009S 《凶星王ダーク・ヒドラ》デュエルマスターズ DMC38-015VE 《従獄の凶獣ドルベロス》デュエルマスターズ DMC38-019R 《剣舞の修羅ヴァシュナ》デュエルマスターズ DMC38-020R 《古の羅漢バグレン》デュエルマスターズ DMC38-021UC 《デーモン・ハンド》デュエルマスターズ DMC38-030C 《デス・スモーク》デュエルマスターズ DMC38-005S 《超神星ネプチューン・シュトローム》デュエルマスターズ DMC38-017R 《アクア・サーファー》デュエルマスターズ DMC38-018R 《アクアン》デュエルマスターズ DMC38-026C 《サイバー・ブレイン》デュエルマスターズ DMC38-029C 《エナジー・ライト》デュエルマスターズ DMC38-002 《電脳封魔マクスヴァル》デュエルマスターズ DMC38-014S 《英知と追撃の宝剣》

デュエルマスターズ DMC38-002 《電脳封魔マクスヴァル》デュエルマスターズ DMC38-001 《魔城の黒鬼オルガイザ》

「デーモン・コマンド」を主体としたデッキ、「キャッスル・オブ・デーモン」。
新規収録カードとしては優秀な「電脳封魔マクスヴァル」「魔城の黒鬼オルガイザ」が収録。

自分は「ヘヴィ・デス・メタル」以降に購入したのですが、「龍神ヘヴィ」を「凶星王ダーク・ヒドラ」で回すととても強く、さらにコストダウンさせる「電脳封魔マクスヴァル」もとても優秀だったため、組み合わせてデッキを構築することでかなり強いデッキが組めました。
「龍神ヘヴィ」だけでなく「魔刻の斬将オルゼキア」を「凶星王ダーク・ヒドラ」で回すパターンも非常に強く、これをコンセプトにしたデッキを使用してDMvaultのフリー対戦で遊んでいたときに、18連勝できて凄く嬉しかった思い出があります。

「電脳封魔マクスヴァル」が場にある状態で2体目の「電脳封魔マクスヴァル」を召喚する際にはコスト2で召喚する事ができ、2体の「電脳封魔マクスヴァル」が居る状態で闇のクリーチャーを召喚する場合はコストが2軽減されているので、2体目以降の「電脳封魔マクスヴァル」は実質コスト0で召喚できるような形で、後の展開を有利にしてくれるカードでした。

「魔城の黒鬼オルガイザ」は単純にパワーマイナス1000による1000以下破壊がメインでしたが、当時は「解体人形ジェニー」「青銅の鎧」「コッコ・ルピア」「パクリオ」「炎霊甲蟲ジャンガルジャン」といったパワー1000のクリーチャーをこつこつ場に並べ、フィニッシャーと共に殴りにいく展開が多かったため、この1000以下破壊が大きかった上、細かいパワー差を覆したり、「古の羅漢バグレン」と組み合わせてタップしているクリーチャーのパワーをマイナス2000したりと、中々に器用なクリーチャーでした。

デュエルマスターズ DMC-39 スーパーデッキ・ゼロ ビクトリー・ソウル

デュエルマスターズ DMC39-010S 《超竜ヴァルキリアス》デュエルマスターズ DMC39-011S 《ボルベルグ・クロス・ドラゴン》デュエルマスターズ DMC39-012S 《バジュラズ・ソウル》デュエルマスターズ DMC39-016VE 《紅神龍ジャガルザー》デュエルマスターズ DMC39-022R 《ヘリオス・ティガ・ドラゴン》デュエルマスターズ DMC39-023R 《地獄スクラッパー》デュエルマスターズ DMC39-013S 《大勇者「ふたつ牙」》デュエルマスターズ DMC39-024R 《鳴動するギガ・ホーン》デュエルマスターズ DMC39-025R 《母なる大地》デュエルマスターズ DMC39-031C 《誕生の祈》デュエルマスターズ DMC39-032C 《青銅の鎧》デュエルマスターズ DMC39-033C 《怒髪の豪腕》デュエルマスターズ DMC39-003 《無双竜機ボルグレス・バーズ》デュエルマスターズ DMC39-004 《無双竜機ドルザーク》デュエルマスターズ DMC39-027UC 《無頼勇騎ウインドアックス》デュエルマスターズ DMC39-028UC 《無頼勇騎ゴンタ》

「切札勝利」がコンセプトのデッキ、「ビクトリー・ソウル」。
「母なる大地」が4枚、「バジュラズ・ソウル」が3枚収録され、その豪華さに衝撃が走ると共に、「母なる大地」はしばらく制限されないかと思いきや、その4~5ヶ月後に殿堂発表がされ、そのままの形で使えたのはおよそ半年程度という点でも衝撃を呼びました。
以降少しの間、豪勢な再録を受けると殿堂入りになるという不安がユーザーの中にあったようですが、そうした風説は数年もしないうちに消えていった思い出があります。

このデッキの低コストクリーチャーはどれも(効果なども含めて考えると)高パワーで、高パワーの速攻をしかけつつ、中盤から「バジュラズ・ソウル」によるランデスを仕掛ける、中速のランデスビートデッキが構築でき、それをDMvaultで構築しつつ購入を検討していた思い出があります。

他にもクロスギアと相性の良い「ボルベルグ・クロス・ドラゴン」の再録や、当時のビッグマナ(マナソース)である牙デルフィンの基盤になるような構成であった事も、このデッキの評価を押し上げ、自分が欲しくなった頃には残念ながら品切れていました。

デュエルマスターズ DMC39-003 《無双竜機ボルグレス・バーズ》

新規カードは「無双竜機ボルグレス・バーズ」。
ドラゴンを好きな数マナゾーンから回収でき、このデッキのコンセプトであるビッグマナ(牙ブースト)と良くかみ合っています。

この「母なる大地」と「バジュラズ・ソウル」と、「スケルトン・バイス」についてはかなり強かったため、この頃復帰したてだった自分と友達の間で、身内ルールとして禁止カードに指定していたカードでした。
後に資産が整っていく過程で身内ルールは無くなりましたが、これらのカードが殿堂入りするたびに過去に使用していた身内ルールのことを話題にしてた思い出があります。

デュエルマスターズ DMC-40 スーパーデッキ・ゼロ ヘヴィ・デス・メタル

デュエルマスターズ 《黒龍王ダーク・ジオス》 DMC40-001 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《龍神ヘヴィ》 DMC40-002 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《黒神龍ドボルザーク》 DMC40-003 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《ブラッディ・ドラグーン》 DMC40-004 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《邪魂創世》 DMC40-004 【呪文】デュエルマスターズ 《デーモン・ハンド》 DMC40-011-R 【呪文】デュエルマスターズ 《炎獄スマッシュ》 DMC40-012-UC 【呪文】デュエルマスターズ 《龍神メタル》 DMC40-006 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《ゴッド・ルピア》 DMC40-007 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《クリムゾン・チャージャー》 DMC40-013-UC 【呪文】デュエルマスターズ 《破壊神デス》 DMC40-008 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《暗黒王デス・フェニックス》 DMC40-009-S 【進化クリーチャー】デュエルマスターズ 《神滅竜騎ガルザーク》 DMC40-010-S 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《封魔魂具バジル》 DMC40-014-UC 【クリーチャー】

ザキラの新切札「ヘヴィ・デス・メタル」がコンセプトのデッキ、「ヘヴィ・デス・メタル」。
新規カードである「龍神ヘヴィ」「龍神メタル」「破壊神デス」はフィニッシャーとして非常に強力でありながら「龍神ヘヴィ」「龍神メタル」がそれぞれ3枚ずつ、「破壊神デス」が1枚、さらに「デーモン・ハンド」が4枚と非常に豪華な内容で、このままでもそこそこ強かったですが、「青銅の鎧」や「解体人形ジェニー」、「腐敗無頼トリプルマウス」「焦土と開拓の転変」といった優秀なレア~コモンのカードを追加するだけで、トップメタの一角が組めたため、不死鳥編付近で一旦引退気味で、バルザックオルメガスの頃に軽い復帰をしていた自分にとって、このデッキの登場は非常に大きく、これがきっかけで本格的な復帰を決断しました。

「暗黒王デス・フェニックス」の再録や「神滅竜騎ガルザーク」の再録も嬉しく、赤黒ドラゴンを組んだり、シングル価格の安くなった「暗黒王デス・フェニックス」を使ったデスフェニックスデッキを組んだりして遊んでいました。

デュエルマスターズ 《龍神ヘヴィ》 DMC40-002 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《破壊神デス》 DMC40-008 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《龍神メタル》 DMC40-006 【クリーチャー】

「ヘヴィ・デス・メタル」は本当に長い間お世話になったカードで、DRに参加したての自分を何度も優勝、準優勝に導いてくれた相棒でした。

当時はコストの数字とパワーの数値の頭が同等かプラスマイナス1程度で、コスト4ならコスト4000、コスト7ならパワー7000、という程度だったので、「龍神ヘヴィ」「龍神メタル」のリンクを超えられるクリーチャー自体が少なく、極神編で登場したゴッドも12000に到達するゴッドはそれぞれのコストが重く上手く繋がらないか、パワーが超えないか、という感じで、さらに「龍神ヘヴィ」の破壊効果や「龍神メタル」のランデス効果はどちらも優秀だった為、ゴッドの中でも特に強い組み合わせでした。

改造して優勝する度にノートにレシピを記録して、次の改造を考えていた思い出があります。

デュエルマスターズ 《黒神龍ドボルザーク》 DMC40-003 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《ブラッディ・ドラグーン》 DMC40-004 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《ゴッド・ルピア》 DMC40-007 【クリーチャー】デュエルマスターズ 《邪魂創世》 DMC40-004 【呪文】

その他の新規カードは「黒神龍ドボルザーク」「ブラッディ・ドラグーン」「ゴッド・ルピア」「邪魂創世」。

「邪魂創世」は後の「不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー」や「シャーマン・ブロッコリー」などと組み合わせたり、使い終わった「解体人形ジェニー」などに対して発動して手札を確保ができ、水文明をいれずに手札補充ができるとあって非常に重宝したカードです。

「ゴッド・ルピア」はゴッドのコスト軽減をしてくれるだけではなく、「破壊神デス」を踏み倒せる効果を持っていて、場にある「ゴッド・ルピア」「ブラッディ・ドラグーン」「封魔魂具バジル」を破壊する事で「破壊神デス」を自分の山札、マナゾーン、手札、シールドのいずれかから場に出せる珍しい効果を持っています。
実現性こそ低いものの、構築済みデッキの段階ではコスト10の「破壊神デス」を素で出すのが難しかったため、このような効果が持たされたんだと思いますが、「封魔魂具バジル」は破壊されたときの効果を持っているので、中々相性が良い効果でした。

皆さんはどのスーパーデッキゼロが好きでしたか?


◆ 新商品カレンダー(発売日順)

▼2017年8月11日発売予定
DMBD-01 クロニクル・レガシー・デッキ アルカディアス鎮魂歌(レクイエム)

デュエル・マスターズ DMBD-01 TCG クロニクル・レガシー・デッキ アルカディアス鎮魂歌(レクイエム)
amazonで購入(予約)


▼2017年8月11日発売予定
DMBD-02 クロニクル・レガシー・デッキ 風雲!!怒流牙忍法帖(ふううん!!どるげにんぽうちょう)

デュエル・マスターズ DMBD-02 TCG クロニクル・レガシー・デッキ 風雲!!怒流牙忍法帖(ふううん!!どるげにんぽうちょう)
amazonで購入(予約)


▼2017年8月11日発売予定
DXカードプロテクト 天罪堕将 アルカクラウン

デュエル・マスターズ DXカードプロテクト 天罪堕将 アルカクラウン
amazonで購入(予約)


▼2017年8月11日発売予定
DXカードプロテクト 終の怒流牙 ドルゲユキムラ

デュエル・マスターズ DXカードプロテクト 終の怒流牙 ドルゲユキムラ
amazonで購入(予約)


▼2017年7月8日発売予定
DMSP-01 ステキ!カンペキ!!ジョーデッキー

デュエル・マスターズ DMSP-01 ステキ!カンペキ!!ジョーデッキー BOX
amazonで購入(予約)


▼2017年6月24日発売予定
DMRP-02 拡張パック新2弾 マジでB・A・Dなラビリンス!!

デュエル・マスターズ DMRP-02 拡張パック 新2弾 マジでB・A・Dなラビリンス!! DP-BOX
amazonで購入(予約)


▼2017年5月26日発売予定
デュエル・マスターズ 1 (てんとう虫コミックス) 付録:ホイル版「ジョジョジョ・ジョーカーズ」

デュエル・マスターズ 1 (てんとう虫コミックス)
amazonで購入(予約)


▼2017年5月20日発売予定
DMSD-03 TCG NEWヒーローデッキ ボルツのB・A・D (バッド アクション ダイナマイト)

デュエル・マスターズ DMSD-03 TCG NEWヒーローデッキ ボルツのB・A・D (バッド アクション ダイナマイト)
amazonで購入(予約)

今年発売された初心者向け構築済みデッキ一覧
▼2017年4月15日発売予定
コロコロコミック 5月号
(※付録に40枚の構築済デッキ)

コロコロコミック 2017年 05 月号 [雑誌]
amazonで購入(予約)


▼2017年3月25日発売予定
DMSD-01 Newヒーローデッキ ジョーのジョーカーズ


▼2017年3月25日発売予定
DMSD-02 Newヒーローデッキ キラのラビリンス

デュエル・マスターズ DMSD-02 Newヒーローデッキ キラのラビリンス
タカラトミー (2017-03-25)
売り上げランキング: 164

◆ 新商品カレンダー(発売日順)

懐かしいなぁ
勝舞のデッキ買った後になってから白凰のが欲しくなって後悔してたわ
[ 2017/02/12 07:34 ] [ 編集 ]
懐かしいですね。黒城のデッキを買ってました。破壊呪文を大量に入れてバロム召喚まで粘るデッキを使ってたら友達に嫌われた思い出があります。
[ 2017/02/12 09:27 ] [ 編集 ]
ドルバロム再録はかなり燃えた
[ 2017/02/12 10:52 ] [ 編集 ]
懐かしい;;
HDM買ってデュエマ始めたなぁ 豪華だし無改造でも使えるしで初心者にはありがたかった。
[ 2017/02/12 11:20 ] [ 編集 ]
やっぱりザキラ様
HDMなかなか揃って出せなかったけど
[ 2017/02/12 12:13 ] [ 編集 ]
確かスーパーデッキゼロは全部買ってて
それが小学校5年生くらいの時だった気がする

1番好きだったのは勝負の連ドラのやつだったなぁ
デュエマは遊戯王と違って、デッキ買えば強くて長いおもちゃとして遊べたから本当に楽しかった


[ 2017/02/12 15:05 ] [ 編集 ]
HDMで復帰したけど、ホントにあのデッキの完成度は凄かった
マナカーブと各パーツの比率が素晴らしすぎて、どんな下手くそなプレイングでも強かったなぁ
後のトップになる根暗ギャラクシーに対しても、HDM揃えば押し勝てるのが見事だった
5Cには相性悪くて落ちていったけどね
[ 2017/02/12 15:13 ] [ 編集 ]
シルクさんってよくよく考えてみるとかなり古参の部類なんだね
[ 2017/02/12 15:41 ] [ 編集 ]
なかなか当たらなかったドルバロムやネプチューンを使えたのが嬉しくて嬉しくて
[ 2017/02/12 21:34 ] [ 編集 ]
この間近所のお店にへヴィデスメタルとビクトリーソウルが500円で売っていて前者を衝動買いしてしまった
[ 2017/04/10 20:35 ] [ 編集 ]
そういやヘヴィも殿堂解除されたんだったか。考えてみるかな。
[ 2017/04/27 20:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
新商品

2017年7月8日発売予定
DMSP-01 ステキ!カンペキ!!ジョーデッキー BOX

デュエル・マスターズ DMSP-01 ステキ!カンペキ!!ジョーデッキー BOX
amazonで購入(予約)


ブログ/広告について

◆ ブログについて
ブログに関するお問い合わせはこちら メールフォーム
◆ 広告について
広告に関するお問い合わせはこちら 広告掲載に関するご案内
◆ スクショの禁止について
Twitter等へのスクリーンショット等を利用した投稿・引用・転載は一部例外を除きご遠慮頂いております。端的に言えば一部例外を除きスクショは全面的に禁止させて頂いております。
また、皆様の注意喚起、大変感謝しております。

記事内の画像の一部はリサイズやアップロードの手間を省く為や広告の都合上amazlet(アフィリエイト)による画像挿入を使用している場合があります。何卒ご容赦下さい。
モラルに反する・著作権違反などの無いよう心がけていますが、問題がありましたら当事者、第三者問わずTwitterのDMやメールフォームよりお問い合わせ下さい。

頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。
暇つぶし用

FLASHゲーム

モゲラ
ねこ戦車(2人~)
ゴッドフィールド(2人~)

ふにゃもらけ
ふにゃ麺道場 短
流麺道場
かみのみうで

■王道系
オセロ(2人)
大富豪(4人)
神経衰弱

■その他
Chat Noir 短
喜多が来た 短・音あり
モアイまわし 短・爆音
Ice Run 短
CASANOVA
Winterbells
アハ体験ゲーム
ハロの大冒険
壊リス
Ichikio 短
カラータイル
4人将棋(4人)
マテリアル・スナイパー
2ch格闘(仮) 短
艦砲射撃!甲・改
トリガーナイト
そこ、あぶない 短

短・・・短時間でプレイ可能 ★・・・オススメ
Twitter
広告について

[デネブログ]は、[amazon.co.jp]を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。