新商品情報デッキアイディア&コンボ集優勝デッキレシピ集ユニークな優勝デッキレシピ集環境デッキレシピ集
裁定昔のカード安くて強いデッキ環境環境デッキランキング
2018.02.12 02:20

レッドゾーンの解説&デッキレシピ(赤青レッドゾーン、赤白レッドゾーン)【デュエルマスターズ】


轟く侵略レッドゾーン1

デュエルマスターズの環境デッキ、レッドゾーンの解説とデッキレシピ。

・・・







レッドゾーン


轟く侵略レッドゾーン1

エースカード:「轟く侵略レッドゾーン」

デッキレシピ


赤青レッドゾーン


4 x 轟く侵略 レッドゾーン
4 x 熱き侵略 レッドゾーンZ
2 x 禁断の轟速 レッドゾーンX
4 x 轟速 ザ・レッド
4 x 轟速 ザ・ゼット
2 x 轟速 ザ・マッハ
4 x ドンドン吸い込むナウ
4 x 一撃奪取 トップギア
4 x 終末の時計 ザ・クロック
1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
4 x 異端流し オニカマス
3 x 轟速 S

DMvault用ハッシュ:c14430e364e1b630c629da987d3d8303

赤白レッドゾーン


一撃奪取 トップギア x 4枚
ヘブンズ・フォース x 4枚
絶対の畏れ 防鎧 x 4枚
轟速 ザ・レッド x 4枚
轟速 ザ・ゼット x 4枚
超音速 ターボ3 x 3枚
禁断 -封印されしX- x 1枚
正義の煌き オーリリア x 2枚
轟速 ザ・マッハ x 2枚
熱き侵略 レッドゾーンZ x 4枚
轟く侵略 レッドゾーン x 4枚
閃光の守護者ホーリー x 4枚

DMvault用ハッシュ:7d71bd584ebb6b1b9637fac1f5048873



デッキの概要



コストを支払わずに手札から進化を場に出せる効果”侵略”を使った火文明のデッキ

火文明の種族「ソニック・コマンド」を中心に構築されている

侵略によって早期にエースカードを場に出して中盤までに攻め切る


序盤~終盤の展開


序盤
「一撃奪取トップギア」などの低コストクリーチャーを展開

中盤
「轟速ザ・レッド」や「轟速ザ・ゼット」を召喚し、攻撃する時に侵略を発動。その効果で「轟く侵略レッドゾーン」「熱き侵略レッドゾーンZ」に進化。相手のシールドを一気にブレイクする。

デッキの概要


火のソニック・コマンドを召喚、侵略につなげる


一撃奪取 トップギア

火のクリーチャーのコストダウン


「一撃奪取トップギア」によるコスト軽減を受ける事で「轟速 ザ・レッド」および「轟速 ザ・ゼット」を3ターン目に召喚可能になり、3ターン目から「轟く侵略レッドゾーン」「熱き侵略レッドゾーンZ」が襲い掛かる展開もある。

轟速 ザ・レッド轟速 ザ・ゼット

スピードアタッカーを持つ侵略元


火のコマンドである「轟速 ザ・レッド」および「轟速 ザ・ゼット」はスピードアタッカーを有しており、出たターンから攻撃する事が可能。

このスピードアタッカー効果は特定のクリーチャーの攻撃によって発動する侵略と相性抜群であり、「轟く侵略レッドゾーン」「熱き侵略レッドゾーンZ」へ侵略させて相手に攻め込む。

侵略について知らない人は先にこちらをご覧下さい。

侵略


轟く侵略レッドゾーン1

出た時、相手のパワーの1番高いクリーチャーをすべて破壊


熱き侵略レッドゾーンZ

出た時、相手のシールドを墓地送り


このデッキは上記2種類のレッドゾーンを序盤から出し、圧倒的な速度&効果で一気に攻め込むデッキである。

このデッキのエースカードである「轟く侵略レッドゾーン」「熱き侵略レッドゾーンZ」は進化クリーチャーで、コスト6ではあるが、自身の持つ”侵略”によってコストを支払わずに重ねて進化させる事が可能である。

その条件は”火のコマンドの攻撃”と、非常に緩い条件となっており、基本的に序盤から場に出現する。
もちろん、これらは1体の上に複数コストを支払わずに重ねる事が可能であり、出た時の能力が1度に複数発動する事で一気に形勢逆転を狙う場面もある。

異端流しオニカマス

相手のターン中に相手が召喚以外でクリーチャーを出した場合、それを手札に戻す&選ばれない


踏み倒し対策として1番採用率の高い「異端流しオニカマス」はこのデッキにとって苦になりにくい。

「異端流しオニカマス」の効果は召喚以外で出したクリーチャーが戻されてしまうというもので、一見すると侵略を対策されてしまうように見える。

しかし、たとえ戻されても次のターンに再び手札に戻された侵略元から侵略を行える上に、シールドをブレイクする前に「異端流しオニカマス」で戻されてしまうとしても「轟く侵略レッドゾーン」による強力な除去効果が相手を毎ターン襲う事になるため、相手としてはうかつに「異端流しオニカマス」によって手札に戻しづらい状況が生まれる。

さらに、「轟く侵略レッドゾーン」のパワーの1番大きい相手のクリーチャーをすべて破壊する効果は、相手のクリーチャーを選ぶ効果ではないので、「異端流しオニカマス」の破壊も状況によっては狙える。

禁断~封印されしX~による疑似的なタイムリミット


禁断~封印されしX~

「禁断~封印されしX~」はゲーム開始時から自分の場に置かれるカード。
ゲーム開始時から場に置かれるとはいえ、”鼓動”と呼ばれるクリーチャーではないタイプのカードなので、場に居るだけでは何も起きない。

山札の上から裏向きのままカードを6枚置いて”封印”するカードで、この封印は火のコマンドが出る度に1枚ずつ外す事ができる。
そして、6枚すべてが場を離れた時、裏返して禁断解放する。

封印について知らない人は先にこちらをご覧下さい。

禁断の鼓動である「禁断~封印されしX~」はクリーチャーではないが、自身の能力によってゲーム開始時から封印されていて、条件を満たすごとに封印を1枚ずつはずし、封印が0枚になると強力なクリーチャー面に裏返す事ができる。

伝説の禁断 ドキンダムX

条件を満たすだけで出てくる、T・ブレイカー&相手クリーチャーをすべて封印


禁断開放すると「伝説の禁断 ドキンダムX」の面に裏返り、「伝説の禁断 ドキンダムX」は自身が場を離れた場合にゲームに敗北するデメリット効果を持っているが、相手のクリーチャーをすべて封印する事で、事実上の全体除去が行える他、突然サイズのでかいクリーチャーが出現する。

基本的に「轟く侵略レッドゾーン」による攻撃を凌いだとしても、よほど上手く防げない限りはシールド0枚の状態に追い込まれるケースが多い。
一方でレッドゾーンというデッキタイプは侵略の性質上、手札消費が激しく、1度防ぎ切られるとリソース切れとなり、以降の展開はあまり強くない。
しかし、火のコマンドを場に出すたびに「禁断~封印されしX~」の封印は着々と外れていき、封印が0枚となった時、「伝説の禁断 ドキンダムX」の面に裏返る。
ひとたび裏返れば相手のクリーチャーはすべて封印されるが、シールドが0枚の状態で、なおかつクリーチャーがすべて封印されてしまうと、この「伝説の禁断 ドキンダムX」の攻撃を防ぐ手段は非常に限られる。
このように、「禁断~封印されしX~」の存在はタイムリミットのような存在である為、「禁断~封印されしX~」の封印が0枚になる前に勝利するか、「伝説の禁断 ドキンダムX」への禁断開放後、その攻撃を防げるような準備が必要になる。



光文明を採用した赤白レッドゾーン


ヘブンズ・フォース

自分の手札からコスト4以下になるようにクリーチャーを選んで場に出す&S・トリガー


「ヘブンズ・フォース」はコスト2の呪文で、自分の手札からコスト4以下になるようにクリーチャーを選んで場に出すことができる。
「ヘブンズ・フォース」から「轟速ザ・レッド」または「轟速ザ・ゼット」を出す事で2ターン目から侵略によって攻める事が可能になり、この理不尽ともいえる速さが赤白レッドゾーンの強みといえる。

また、S・トリガーとしても非常に強力で、封印が残り1枚の状態の「禁断~封印されしX~」があれば、「ヘブンズ・フォース」から「轟速ザ・レッド」または「轟速ザ・ゼット」を出して封印を1枚墓地に置き、禁断開放によって相手のクリーチャーをすべて封印、次のターンにダイレクトアタックに持ち込む・・・といった展開も望める。

閃光の守護者 ホーリー

場に出た時に相手のクリーチャーをすべてタップ&ブロッカー&S・トリガー


相手の攻撃に対してはS・トリガーを持つクリーチャー、「閃光の守護者 ホーリー」が立ちはだかる。
相手のクリーチャーをすべてタップする効果によって、相手のアタッカーのみならずブロッカーもタップされる事で、こちらの攻撃を受け止める手段を断つことができるようになる。

その為、相手としては「閃光の守護者ホーリー」が出ても敗北しない状況を作り出すか、S・トリガーのクリーチャーが出ない効果を持ったカードを使用した上で攻撃しなければならなくなり、相手が体制を整える間にこちらは「伝説の禁断 ドキンダムX」の禁断開放によって相手のクリーチャーをすべて封印し、強引に突破する・・・という場面もしばしば見受けられる。

絶対の畏れ 防鎧

相手が自分自身のマナゾーンの枚数よりコストの大きいクリーチャーを出した場合、それを山札の下に送る&自分の手札を相手に捨てさせない


「絶対の畏れ 防鎧」は相手が自分自身のマナゾーンの枚数よりコストの大きいクリーチャーを出した場合、それを山札の下に送る効果を持っており、”侵略”や”革命チェンジ”といったコスト踏み倒し効果に対して非常に有効なカード。

自分の手札を相手に捨てさせない効果も、手札を多く消費する”侵略”と相性が良い。

赤白レッドゾーンのまとめ
「ヘブンズ・フォース」による2ターン侵略に加え、「閃光の守護者ホーリー」などの強力な防御手段を兼ね備えたデッキタイプが”赤白レッドゾーン”である。



水文明を採用した赤青レッドゾーン


終末の時計ザ・クロック

出た時、ターンの残りを飛ばす&S・トリガー


「終末の時計ザ・クロック」は出た時にターンの残りを飛ばす効果を持ったクリーチャー。
ターンの残りを飛ばすというと、わかりづらいが、出た瞬間にターンが終了し、ターン終了時の効果などを処理する事もなく、即座に次のターンを迎える事になる。

このカードは相手の攻撃を受けた時にS・トリガーで出すと有効なカードで、相手の一斉攻撃に対して確実に次の自分のターンを得る事ができるため、最後のチャンスを得られる。
「禁断~封印されしX~」の禁断開放から一気に巻き返す事も可能なこのデッキにとって、得られる1ターンというのは非常に大きい。

異端流しオニカマス

相手のターン中に相手が召喚以外でクリーチャーを出した場合、それを手札に戻す&選ばれない


「異端流しオニカマス」は相手のターン中に相手が召喚以外でクリーチャーを出した場合、そのクリーチャーを手札に戻す効果を持っており、”侵略”や”革命チェンジ”といったコスト踏み倒し効果に対して非常に有効なカード。

さらに、”相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選べない。”という効果のおかげで場持ちが良く、相手のS・トリガーなどを受けずにダイレクトアタックに持ち込むカードとしても非常に優秀。

ドンドン吸い込むナウ

山札の上から5枚を見て、1枚を手札に加え、加えたカードが火か自然なら相手のクリーチャーを1体手札に戻す&S・トリガー


龍脈術 落城の計

場のコスト6以下のカードを1枚選び、手札に戻す


水のS・トリガーとして「ドンドン吸い込むナウ」&「龍脈術落城の計」も非常に優秀。

少し難しいルールだが、「龍脈術落城の計」は場にある”カード”指定の効果なので、クリーチャー以外のカードタイプを持つ場のカードを選ぶ事もできる。

例えば、「禁断~封印されしX~」などに置かれる”封印”は、裏向きのカードでコスト表記がなく、コスト0として扱われる場にあるカードなので、「龍脈術落城の計」で場の封印を1枚選んで手札に戻す事もできる。
「禁断~封印されしX~」禁断開放を狙う上で、覚えておきたいテクニックだ。

赤青レッドゾーンのまとめ
「異端流しオニカマス」によるコスト踏み倒しへの妨害や、「龍脈術落城の計」による封印外し、「ドンドン吸い込むナウ」による防御など、水文明の強さをレッドゾーンに採用したデッキタイプが”赤青レッドゾーン”である。


環境デッキ集


赤青レッドゾーン 
赤白レッドゾーン 
赤青ワルスラバスター
赤緑霊峰バスター
赤黒カウンターバスター
赤黒ドルマゲドン 
百万超邪クロスファイア サムネイル墓地ソース
ジョーカーズ 
ゲイルヴェスパーゲイルヴェスパー
サソリムカデループ
黒単デスザーク



2大エース レッドゾーンの持つ侵略とは


1:手札の”侵略”を使用宣言


侵略a

2:”侵略”によって轟速ザ・レッドから轟く侵略レッドゾーンに進化


侵略b

図のような形で、指定された条件を満たすクリーチャーが攻撃する時に、そのクリーチャーの上にコストを支払わずに進化クリーチャーを重ねる事が出来る、進化を無料で出すギミックが”侵略”である。

画像では種族が火のソニック・コマンドである「轟速ザ・レッド」が攻撃する時に「轟く侵略レッドゾーン」の侵略が発動し、「轟速ザ・レッド」が「轟く侵略レッドゾーン」に進化している。

戻る

封印とは?


封印

図のように、山札の上からカードを裏向きのまま、カードの上に裏向きのカードを乗せる事でそのカードは封印される。
そのカードがクリーチャーだった場合、そのクリーチャーは封印されている限り、そのクリーチャーは場に居ないのと同じ扱いになる。

クリーチャーを封印する事によってそのクリーチャーは無視される=場に居ないのと同じ扱いになるので、封印という行為そのものはそのカードを場からマナや墓地に移動させる除去とやってる事そのものはほとんど同じ。
その上、場を離れるわけではなく、あくまで場にあるのに無視されるようになる(居ないのと同じ扱いになる)だけなので、例えば”このクリーチャーが場を離れる時、かわりに場にとどまる。”といった除去耐性を無視する事が出来る。

その為、除去手段としても最高峰の除去手段に位置するのがこの”封印”である。
封印されたクリーチャーは、封印されたクリーチャーと同文明を持つ、種族に”コマンド”と付くクリーチャーを召喚する事などによって封印を解除できる。

「禁断~封印されしX~」が禁断の鼓動でありながら封印されるように、クリーチャー以外のカードが封印される事もある。

戻る

新商品の予約はこちらから

デュエル・マスターズ TCG DMSD-04 ジョーカーズ・弾銃炸裂・スタートデッキ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-03-17)
売り上げランキング: 188
デュエル・マスターズ TCG DMSD-05 オウ禍武斗・マッハ炸裂・スタートデッキ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-03-17)
売り上げランキング: 165
関連記事
新商品情報デッキアイディア&コンボ集優勝デッキレシピ集ユニークな優勝デッキレシピ集最新弾
裁定昔のカードCSヒストリー環境環境デッキランキング
安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング殿堂入りカードリスト

コメント: コメント(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング殿堂入りカードリスト

ブログについて
ブログに関するお問い合わせはこちら メールフォーム
Twitter等へのスクリーンショット等を利用した記事の引用・転載はご遠慮頂きます様お願い致します。
記事検索
スポンサードリンク
このブログについて

■ブログ名:デネブログ

デュエルマスターズのデッキ、優勝デッキレシピ、コンボ、環境解説などを掲載しています。

TOP絵、相互リンク、相互RSSを募集中です。こちらからご連絡下さい。

広告掲載、情報提供、削除依頼などはメールフォームまたはTwitterのダイレクトメールにてお寄せ下さい。

頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。
広告について

デネブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。