新商品情報デッキアイディア&コンボ集優勝デッキレシピ集ユニークな優勝デッキレシピ集環境デッキレシピ集2ブロック構築
裁定昔のカード安くて強いデッキ3ターンキル環境デッキ相性まとめ環境デッキランキング
2018.04.15 16:34

【デュエルマスターズ】ハンデスの解説とデッキレシピ (4月15日更新)


特攻人形ジェニー1

デュエルマスターズの環境デッキ、ハンデスの解説とデッキレシピ。

・・・







ハンデス


ヴォルグ・サンダー

エースカード:ヴォルグ・サンダー

目次




デッキレシピ


※少し古いデッキレシピが掲載されている場合があります。ご自身の手に合うように改造してお使い頂ければと思います。

青黒ハンデス


1 x 光牙忍ハヤブサマル
4 x 特攻人形ジェニー
3 x 堕魔 ドゥポイズ
2 x 学校男
2 x 悪臭怪人ゴキーン
2 x 壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ
3 x 超次元リバイヴ・ホール
1 x 魔天降臨
1 x 愛されし者 イルカイル
2 x 異端流し オニカマス
3 x パクリオ
3 x Dの博才 サイバーダイス・ベガス
1 x 超次元ガロウズ・ホール
1 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ
2 x 洗脳センノー
4 x ブレイン・タッチ
1 x 英知と追撃の宝剣
4 x デモンズ・ライト
1 x 激天下!シャチホコ・カイザー/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
2 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX
1 x シルバー・ヴォルグ/撃墜王ガイアール・キラードラゴン

DMvault用ハッシュ:6f668bd65f630577c61a3022bbe1bed3

ドロマーハンデス


2 x 黙示護聖ファル・ピエロ
1 x 光牙忍ハヤブサマル
2 x オリオティス・ジャッジ
2 x パクリオ
4 x Dの博才 サイバーダイス・ベガス
1 x 超次元ガロウズ・ホール
2 x 異端流し オニカマス
2 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ
4 x 特攻人形ジェニー
2 x 堕魔 ドゥポイズ
1 x 学校男
2 x 壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ
3 x 超次元リバイヴ・ホール
1 x 魔天降臨
4 x ブレイン・タッチ
4 x デモンズ・ライト
2 x 天使と悪魔の墳墓
1 x 英知と追撃の宝剣
1 x 激天下!シャチホコ・カイザー/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
3 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x シルバー・ヴォルグ/撃墜王ガイアール・キラードラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート

DMvault用ハッシュ:095227a8bac8afc149e1c6804991b7a9


ハンデスの相性傾向


ジョーカーズ微不利
ルネッサンス サムネイルサザンルネッサンス有利
ロージアダンテ微不利
赤青(赤青+白)バスター微有利
ゲイルヴェスパーゲイルヴェスパー互角
黒単デスザーク有利
百万超邪クロスファイア サムネイル墓地ソース有利
獅子王の遺跡サムネイルアナカラーシャコガイル微有利


※更新量の増大につき、ガバが増えつつあります。ガバってる点や相性傾向に変化があった場合はコメント欄にてご連絡下さい。

デッキの概要


  • 相手の手札を墓地に置く

  • 超次元呪文によって超次元ゾーンから状況に応じたサイキック・クリーチャーを展開

  • ヴォルグ・サンダーによって相手の山札を破壊


  • 序盤~終盤の展開


    序盤


    「特攻人形ジェニー」「ブレイン・タッチ」によって手札を破壊したり、「デモンズ・ライト」によってドローしつつ相手のクリーチャーを破壊する

    中盤


    超次元呪文によって状況に応じたサイキック・クリーチャーを場に出したり、「Dの博才サイバーダイス・ベガス」で手札補充をしつつ相手の攻撃に備える。

    終盤


    「ヴォルグ・サンダー」によって徐々に相手の山札を破壊して、山札切れによる勝利を狙う

    各カード解説


    初心者・復帰勢向けの詳しい解説は記事下部に掲載しています!

    プレイヤー向け解説


    特攻人形ジェニー1ブレイン・タッチ

    《特攻人形ジェニー》《ブレイン・タッチ》・・・ハンデス枠。手札を減らして相手の選択肢を狭める。《激天下!シャチホコ・カイザー》によって場に出す事が出来る《特攻人形ジェニー》やドローとハンデスを兼ね備える《ブレイン・タッチ》は採用されるが、序盤のハンデスを引く確率を高めるより質の高いメタカードが優先されるため、《ゴースト・タッチ》は採用されない傾向にある。

    異端流し オニカマス

    《異端流しオニカマス》・・・相手の召喚以外で場に出したクリーチャーを手札に戻す。序盤から中盤にかけて相手の選択肢を狭めつつコントロールするこのデッキにとって序盤の相手の踏み倒しを対策できる事で相性が良いほか、中盤以降もハンデスと組み合わせる事で相手の選択肢をさらに狭める。

    デモンズ・ライト

    《デモンズ・ライト》・・・優秀な除去&ドローソース。《Dの博才サイバーダイス・ベガス》からの発動も。

    学校男堕魔 ドゥポイズ

    《学校男》《堕魔ドゥポイズ》・・・序盤は1:1交換に、終盤まで低コストで行える除去手段として活躍する。《激天下!シャチホコカイザー》からのリアニメイトも。

    オリオティス・ジャッジ1

    《オリオティス・ジャッジ》・・・《ガンバトラーG7》からの早期のビートプランを取ったジョーカーズや、《蒼き団長ドギラゴン剣》など、早期のコストダウンや踏み倒しを絡めた攻撃プランに対して強い。

    黙示護聖ファル・ピエロ

    《黙示護聖ファル・ピエロ》・・・墓地から呪文を回収する。《激天下!シャチホコカイザー》からのリアニメイトも。

    天使と悪魔の墳墓

    《天使と悪魔の墳墓》・・・ジョーカーズなど、場やマナに同名カードが置かれやすいデッキに対して有効。このカードの存在そのものが相手の動きにけん制をかける場合も。

    魔天降臨

    《魔天降臨》・・・お互いの手札とマナを入れ替える。主に終盤の詰めの要素として。

    パクリオ

    《パクリオ》・・・相手の手札を見て1枚をシールドに置く。墓地利用系のデッキに対しても強いデッキであるほか、水マナとしても。

    超次元リバイヴ・ホール

    《超次元リバイヴ・ホール》・・・主に《激天下!シャチホコ・カイザー》または《ヴォルグ・サンダー》を展開する。

    超次元ガロウズ・ホール

    《超次元ガロウズ・ホール》・・・同上。こちらは《Dの博才サイバーダイス・ベガス》からの発動が可能。

    Dの博才サイバーダイス・ベガス

    《Dの博才サイバーダイス・ベガス》・・・相棒の《超次元ガロウズ・ホール》が殿堂入りしたが、その実力は健在。
    置きドロソを兼ねた防御手段として活躍する。

    テック団の波壊Go!

    《テック団の波壊Go!》・・・範囲が広く便利なS・トリガーだが、これを超える事を念頭に置いた構築や、呪文を封じた上でのワンショットプランも多く、《テック団の波壊Go!》による防御に重きを置きづらくなり、現状では採用されないケースも多い。

    英知と追撃の宝剣

    《英知と追撃の宝剣》・・・《Dの博才サイバーダイス・ベガス》からの発動で相手のテンポを大幅に削ぐ事ができる。後述の《龍素記号Srスペルサイクリカ》と組み合わせる事で相手の場とマナを一気に崩しにかかることも。

    龍素記号Sr スペルサイクリカ

    《龍素記号Srスペルサイクリカ》・・・1試合に打てる超次元呪文の回数を上昇させるカード。そのほかにも、《英知と追撃の宝剣》を何度も唱える事で相手の場とマナを崩すなど、使い方は様々。手札に戻ったカードは《Dの博才サイバーダイス・ベガス》のDスイッチで唱える事もできるため、発動するカードは慎重に選びたい。

    壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ

    《壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ》・・・場にクリーチャーを展開するタイプのデッキ、ジョーカーズや白単メタリカサザンなどに有効なカード。常在効果で相手のクリーチャーすべてのパワーをマイナス1000した上でバトルゾーンのクリーチャー1体が破壊される度に、そのターン中さらに相手のクリーチャーすべてのパワーをマイナス1000する。
    これが連鎖する事で概ね全てのクリーチャーが破壊できるほか、相手のパワー1000のクリーチャーの召喚をけん制できる。

    初心者・復帰勢向け!採用カードを徹底解説


    序盤は相手の手札を墓地に置き、相手の動きを妨害する


    特攻人形ジェニー1

    出た時、自身を墓地に置くと相手の手札を破壊


    ブレイン・タッチ

    1ドロー&相手の手札をランダムに1枚墓地に置く


    このデッキの基軸はハンデス(手札破壊)にあり、度重なるハンデスによって相手の手札を減らして相手の動きを妨害しつつ、細かいアドバンテージを重ねる事で勝利を狙う。
    このデュエル・マスターズというゲームではターンのはじめのドローが1枚だが、ターンのはじめにマナチャージを行う場合、まずここで手札を1枚消費する事になる。つまり、毎ターンマナチャージおよびカードのプレイを行う場合、手札が2枚ずつ消費される事になり、毎ターン1枚ずつ手札が減っていく計算となる。
    さらに、侵略や革命チェンジといったギミックを使用する場合、クリーチャー1体+侵略(革命チェンジ)1体の合計2体を手札に揃える必要がある為、これを崩すだけで相手の動きが鈍くなるケースも少なくない。

    デモンズ・ライト

    2ドローした上で手札の枚数×1000、相手のクリーチャーのパワーを下げる
    (パワー0のクリーチャーは破壊される)


    ドローした上で小型クリーチャーの破壊ができる「デモンズ・ライト」も非常に便利なカード。

    手札破壊以外の妨害手段も


    異端流しオニカマス

    コストを踏み倒して出てきた相手クリーチャーを手札に戻す事ができる効果を持ち、自身は相手の能力で選ばれない


    超次元呪文、侵略、革命チェンジといったコスト踏み倒し戦法への対策として「異端流しオニカマス」も非常に有効で、相手のターン中、召喚以外で場に出た相手のクリーチャーを手札に戻す事が出来る。
    「異端流しオニカマス」は選ばれない効果を持っており、パワーが2000である事も相まって低コスト帯としては最大級の場持ちを持つ。

    D2フィールドも活躍


    Dの博才サイバーダイス・ベガス

    S・トリガーを持ち、自分のターンの終わりに1ドローするD2フィールド
    相手のクリーチャーの攻撃時にDスイッチを使えば手札から水の呪文を唱える事ができる


    さらに「Dの博才サイバーダイス・ベガス」が相手の行く手を阻む。

    D2フィールドとは、場に置くクリーチャーではないカードタイプで、「デーモン・ハンド」などのクリーチャーを破壊する効果で墓地に置く事ができない。
    場に存在しててもクリーチャーとは異なり、アタックやバトルを行うこともない、効果を発動できる以外はただの置物である。

    自分または相手のほかのD2フィールドが場に出ると墓地に置かれてしまうが、それだけに強力な効果を持つ。

    「Dの博才サイバーダイス・ベガス」はターンの終わりに1ドローができるほか、Dスイッチによって相手の攻撃時に水のコスト7以下の呪文を唱えることができる。

    Dスイッチとは、そのD2フィールドを上下逆さにする事でそのカードにとってゲーム中1度だけ使える強力な効果のこと。

    テック団の波壊Go!

    相手のコスト5以下のカードをすべて手札に戻すか、相手のクリーチャーを1体破壊できるS・トリガー呪文


    超次元ガロウズ・ホール

    相手のクリーチャーを1体手札に戻す
    コスト7以下の水または闇のサイキッククリーチャーを場に出す


    相手のクリーチャーの攻撃時に、「Dの博才サイバーダイス・ベガス」のDスイッチによって唱えるカードは「テック団の波壊Go!」、「超次元ガロウズ・ホール」の主に2種類。

    「テック団の波壊Go!」ならコスト6以上のクリーチャーを破壊するか、コスト5以下のカードをすべて手札に戻す事ができる。

    序盤から攻撃をしかけるデッキにとっては「テック団の波壊Go!」のコスト5以下のカードをすべて手札に戻される効果によって並べた小型クリーチャーがすべて手札に戻される事になり、大きくテンポロスとなってしまう。
    かといって大型クリーチャーによるフィニッシュを狙おうとした場合、そう多くはクリーチャーを展開できないので、コスト6以上のクリーチャーを1体破壊する効果が刺さる。

    「超次元ガロウズ・ホール」ならサイキックでないクリーチャーを手札に戻した上でコスト7以下のサイキック・クリーチャーを場に出す事が可能だが、相手のクリーチャーの攻撃時にDスイッチによって使用する事で、返しの自分のターンにはそのサイキック・クリーチャーの召喚酔いは解けており、そのターンから攻撃が可能である。

    「超次元ガロウズ・ホール」は3月1日から適用される殿堂入りによって制限カードとなるが、制限を受けた上でも1枚は「超次元ガロウズ・ホール」を採用する事になるため、覚えておきたいテクニックだ。

    サイキック・クリーチャーを知らない人は先にこちらをご覧下さい。

    超次元リバイヴ・ホール

    自分の墓地からクリーチャーを1体手札に加えつつ、超次元ゾーンから闇のコスト7以下のサイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出す


    超次元ガロウズ・ホール

    相手のクリーチャーを1体手札に戻しつつ、超次元ゾーンから水または闇のコスト7以下のサイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出す


    勝利のガイアール・カイザー

    コスト7の火のサイキック・クリーチャー
    スピードアタッカー
    出たターン、アンタップ状態のクリーチャーを攻撃可能
    火文明を含むドラゴン


    超次元呪文である「超次元リバイヴ・ホール」や「超次元ガロウズ・ホール」によって超次元ゾーンからサイキック・クリーチャーである「勝利のガイアール・カイザー」を場に出す事でアンタップされているクリーチャーをアタックし、バトルによって破壊する事も狙う事が出来るが、この「勝利のガイアール・カイザー」は闇文明で種族に”コマンド”と付くクリーチャーである為、「S級不死デッドゾーン」への”侵略”が可能である。

    侵略を知らない人は先にこちらをご覧下さい。

    S級不死 デッドゾーンへ侵略


    S級不死 デッドゾーン

    闇のコマンドが攻撃する時、S級侵略-不死によって手札か墓地から場に出せる
    場に出た時、相手のクリーチャーのパワーをマイナス9000
    T・ブレイカー

    (パワー0のクリーチャーは破壊される)

    「S級不死デッドゾーン」の出た時の効果で相手のクリーチャー1体をパワーマイナス9000できるが、この効果はバトルを優位にしてくれるだけでなく、パワー0のクリーチャーは破壊されるルールがある為、9000以下のクリーチャーへの除去としても扱う事が出来る。
    もちろん、パワーをマイナスする効果である為、バトルによってパワー21000までのクリーチャーを打ちとれるようになる事も忘れられない。

    侵略ではなく革命チェンジを利用する場合も


    百族の長 プチョヘンザ

    光または自然のコスト5以上のドラゴンが攻撃する時、手札のこのクリーチャーと入れ替える形で場に出す事ができる。
    場に出た時、このクリーチャーよりパワーの小さいクリーチャーをすべてマナに送る
    自分のマナゾーンの数よりコストの低いクリーチャーを相手が召喚するとき、そのクリーチャーはタップして場に出る
    T・ブレイカー

    「百族の長プチョヘンザ」を革命チェンジによって出す事によって、パワー12500より小さいクリーチャーをすべてマナ送りにできる。
    さらにこちらのマナゾーンの枚数よりコストの低い相手のクリーチャーはタップされて場に出てくる。
    地味ながら非常に強力な効果で、スピードアタッカーを持つクリーチャーであってもタップして場に出る影響でそのターンにアタックできないほか、タップ状態で場に出る影響でこちらのクリーチャーでのアタックを受けてしまう・・・など様々な点でこのタップされて出る効果が有効に働く。

    一見すると光または自然のコスト5以上のドラゴンという革命チェンジの条件は満たす事ができないようにも見えるが、このデッキに投入されている超次元呪文から「勝利のガイアール・カイザー」を出す事で、スピードアタッカーを持っていて召喚酔いしない、自然を含むコスト7のドラゴンが用意できるので、革命チェンジ元に困ることはない。

    山札を破壊


    主に「S級不死デッドゾーン」による打点に加え場持ちの良い「異端流しオニカマス」でのアタックを行って勝利を目指すプラン、「百族の長プチョヘンザ」による制圧を狙うプラン、「超時空ストームG・XX」のメテオバーン覚醒によって勝利を目指すプラン等があるが、今回は主な勝利方法の1つであるデッキ破壊を紹介する。

    ヴォルグ・サンダー

    相手の山札を破壊


    「超次元リバイヴ・ホール」や「超次元ガロウズ・ホール」によって「ヴォルグ・サンダー」を出し、その効果で相手の山札からクリーチャーが2体出るまでカードを墓地に置かせる事で、相手の山札を削る。
    これにより、山札の枚数差を作り、自分より先に相手の山札を0枚にする(あるいは、「ヴォルグ・サンダー」の効果で相手の山札を0枚にする)プランを狙う。
    上記で紹介したアタックによる勝利を目指すプランの場合、防御の固いデッキを突破できず、シールドブレイクによって相手に手札を与えてしまい、反撃を許してしまう...といった状況が考えられるが、基本的に防御の固いデッキは呪文を多数採用しているケースが多く、それらに対してはこの「ヴォルグ・サンダー」の効果が非常に有効となる。

    学校男

    自分の場のクリーチャーを2体破壊、相手はクリーチャーを1体破壊

    (※自分の場にクリーチャーが学校男しか居なくても発動可能)

    「学校男」の効果は、ぱっと見ややデメリットが重い効果にみえるが、デュエル・マスターズは”可能な限り行う”が原則であるため、場に「学校男」以外のクリーチャーが1体でもいればそれを破壊しなければいけないものの、場に「学校男」以外のクリーチャーが1体も居ない状況で「学校男」を出しても、「学校男」の効果は使えないわけではなく、場にいる「学校男」を破壊さえすれば、相手に自身のクリーチャーを1体破壊させる事ができる。
    序盤から1:1交換ができるテクニックなので、是非覚えておきたい。

    光のカード


    光文明を採用して構築する場合は、主に以下の3種類のようなカードが採用される。

    オリオティス・ジャッジ1

    お互いに自分のマナゾーンの枚数以上のコストを持つクリーチャーを山札の下に送る
    S・トリガー


    「オリオティス・ジャッジ」はお互いに自分のマナゾーンの枚数以上のコストを持つクリーチャーを山札の下に送る効果を持ったS・トリガー呪文で、コストを踏み倒して大型のクリーチャーを序盤~中盤にかけて出す事が増えた昨今のデュエル・マスターズにおいて非常に強力な呪文である。
    また、”枚数以上”という表記なので、例えば相手のマナにカードが5枚ある時は相手のコスト5以上のカードがすべて山札の下に送られる。
    よって、マナゾーンにカードが5枚あって、それを支払ってコスト5のクリーチャーを普通に召喚したクリーチャーであっても、召喚の後にマナが増えてなければ山札の下に送れるという事になる。

    黙示護聖ファル・ピエロ

    出た時、自身を墓地に送ると墓地から呪文を回収できるコスト3のクリーチャー


    「黙示護聖ファル・ピエロ」はコスト3のクリーチャーで、出た時に自身を破壊したら墓地から呪文を回収できる。

    激天下!シャチホコ・カイザー

    これだけ見るとあまり強くないように見えるが、先ほど紹介した「激天下!シャチホコカイザー」と非常に相性が良い。
    「激天下!シャチホコカイザー」は場にいる限り、ターンのはじめにコスト3以下のクリーチャーを1体墓地から場に出す事ができる。
    この効果で「黙示護聖ファル・ピエロ」を出し、「黙示護聖ファル・ピエロ」の出た時の効果で自身を墓地に置き、墓地から呪文を回収。
    すると、また次のターンのはじめには「激天下!シャチホコカイザー」の効果で墓地から「黙示護聖ファル・ピエロ」を場に出し、呪文を墓地から回収できる。
    ・・・といった具合に、「激天下!シャチホコカイザー」と組み合わせる事で、毎ターン呪文が墓地から手札に回収できる点も、評価されている。

    超次元ガード・ホール

    相手のクリーチャーを1体シールド送り
    コスト10以下の光または闇の種族にコマンドを持つサイキッククリーチャーを1体場に出す


    その他、超次元呪文として「超次元ガード・ホール」が採用される。
    シールドゾーンは墓地やマナに比べて能動的に手札に回収しづらいゾーンであるため、シールド送りという除去手段は非常に優秀。

    環境デッキ集


    赤青レッドゾーン 
    赤白レッドゾーン 
    赤青ワルスラバスター
    赤緑霊峰バスター
    赤黒カウンターバスター
    赤黒ドルマゲドン 
    百万超邪クロスファイア サムネイル墓地ソース
    ジョーカーズ 
    ゲイルヴェスパーゲイルヴェスパー
    サソリムカデループ
    黒単デスザーク


    サイキック・クリーチャーとは


    超次元ゾーン

    超次元ゾーン(エクストラデッキ)に置かれるカードで、両面カードである。
    主に”超次元”とつく呪文によって超次元ゾーンから場に出されるが、クリーチャーの効果で場に出す事もある。
    条件を満たすと裏返す事が出来る。
    表裏の概念は無く、強力なカードを使えばコストの高い面で出す事も可能。

    戻る

    侵略とは?


    1:手札の”侵略”を使用宣言


    侵略1

    2:”侵略”によって勝利のガイアール・カイザーからS級不死デッドゾーンに進化


    S級侵略不死b

    手札に侵略を持つクリーチャーがある時、指定された条件を満たすクリーチャーが攻撃する時に、そのクリーチャーの上にコストを支払わずに手札の侵略持ちの進化クリーチャーを重ねる事が出来る、手札の進化を無料で出すギミックが”侵略”である。

    S級侵略-不死によって墓地からも侵略


    侵略2

    2:”侵略”によって勝利のガイアール・カイザーからS級不死デッドゾーンに進化


    S級侵略不死c

    手札からの侵略に加え、「S級不死デッドゾーン」の持つS級侵略-不死は手札だけでなく墓地からの侵略が可能になっている。

    戻る

    1:手札にある革命チェンジを持つカードを使用宣言


    革命チェンジ1

    2:場の攻撃クリーチャーと手札の革命チェンジを持つカードを入れ替える


    革命チェンジ2

    図のように、指定された条件を満たすクリーチャーが攻撃する時に、そのクリーチャーの上にコストを支払わずに革命チェンジクリーチャーと攻撃中のクリーチャーを入れ替える、クリーチャーのタダ出しギミックが”革命チェンジ”である。

    画像では火と自然と闇文明のドラゴンである「勝利のガイアール・カイザー」が攻撃する時に「百族の長プチョヘンザ」の革命チェンジが発動し、場の「勝利のガイアール・カイザー」が手札の「百族の長プチョヘンザ」に入れ替わる形で場に出る事で革命チェンジが成立する。

    ※「勝利のガイアール・カイザー」はサイキック・クリーチャーなので手札に戻ったあとすぐに超次元ゾーンに置かれる。

    戻る
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    新商品の予約はこちらから

    デュエル・マスターズ TCG DMSD-04 ジョーカーズ・弾銃炸裂・スタートデッキ
    タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-03-17)
    売り上げランキング: 188
    デュエル・マスターズ TCG DMSD-05 オウ禍武斗・マッハ炸裂・スタートデッキ
    タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-03-17)
    売り上げランキング: 165
    関連記事
    新商品情報デッキアイディア&コンボ集優勝デッキレシピ集ユニークな優勝デッキレシピ集最新弾
    裁定昔のカードCSヒストリー環境環境デッキランキング
    安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング殿堂入りカードリスト

    コメント: コメント(1)

    デッドゾーン先輩の紹介要らなくね?

    [ 2018/03/03 23:07 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング殿堂入りカードリスト

    ブログについて
    ブログに関するお問い合わせはこちら メールフォーム
    Twitter等へのスクリーンショット等を利用した記事の引用・転載はご遠慮頂きます様お願い致します。
    記事検索
    スポンサードリンク
    このブログについて

    ■ブログ名:デネブログ

    デュエルマスターズのデッキ、優勝デッキレシピ、コンボ、環境解説などを掲載しています。

    TOP絵、相互リンク、相互RSSを募集中です。こちらからご連絡下さい。

    広告掲載、情報提供、削除依頼などはメールフォームまたはTwitterのダイレクトメールにてお寄せ下さい。

    頂き物



    top_サムネイル

    ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

    tanyさんからの頂き物

    tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

    20151011.jpg

    ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。
    広告について

    デネブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。