新商品情報デッキアイディア&コンボ集優勝デッキレシピ集ユニークな優勝デッキレシピ集環境デッキレシピ集2ブロック構築
裁定昔のカード安くて強いデッキ3ターンキル環境デッキ相性まとめ環境デッキランキング
2018.04.05 22:04

【デュエルマスターズ】殿堂ゼロ:《禁断~封印されしX~》を2枚採用する事で相手の禁断をケアしつつ勝利 『新型ダーツデリート』デッキ紹介&デッキレシピ


伝説の禁断 ドキンダムX

今回は殿堂ゼロの『新型ダーツデリート』を紹介。




新型ダーツデリート


デッキレシピ


2 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
4 x ラッキー・ダーツ
4 x ロジック・サークル
1 x ロジック・キューブ
1 x ロジック・スパーク
4 x ポジトロン・サイン
4 x ホーガン・ブラスター
4 x 超次元バイス・ホール
4 x ロスト・ソウル
4 x オールデリート
4 x ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ
4 x 超次元ガード・ホール
1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x 時空の支配者ディアボロスZ/最凶の覚醒者デビル・ディアボロスZ
2 x 超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX
1 x 魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー

解説


殿堂ゼロとは


レギュレーションのひとつで、使用禁止カードを除くすべての殿堂レギュレーションが適用されないもの。
具体的には殿堂入り、プレミアム殿堂、プレミアム殿堂コンビ、プレミアム殿堂超次元コンビが適用されず、これらに指定されているカードでも4枚までデッキに入れることができる。 (Duelmasters wikiより

新型ダーツデリートの解説


ラッキー・ダーツ

上記のデッキレシピは殿堂ゼロにおける基本的なダーツデリートのもの。
《ラッキー・ダーツ》から《ロスト・ソウル》などの強力な呪文がめくれるようにデッキを構成、《超次元ガード・ホール》を発動した場合は《時空の支配者ディアボロスZ》を出しつつ《禁断~封印されしX~》の封印と禁断コアを選択して覚醒、《超時空ストームG・XX》を重ねて3ターン目の《超覚醒ラスト・ストームXX》を狙うところまではいつも通り。

通常と異なる点は《ギガタック・ハイパー・トラップ》の登場で、《ラッキー・ダーツ》から発動する呪文として《ギガタック・ハイパー・トラップ》が採用された上、《禁断~封印されしX~》が2枚採用されています。

2枚の禁断で相手の禁断をケア


ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ

ハイパー・ギガタック SR 自然文明 (6)
クリーチャー:グランセクト 9000
W・ブレイカー
このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体、自分の墓地からマナゾーンに置く。
ギガタック・ハイパー・トラップ SR 自然文明 (8)
呪文
各プレイヤーは、バトルゾーンにある自身のカードをすべてマナゾーンに置く。

2枚採用された《禁断~封印されしX~》ですが、これは《ギガタック・ハイパー・トラップ》を発動した際に2体の《禁断~封印されしX~》の封印を最大で12枚マナゾーンに置くために採用されています。

伝説の禁断 ドキンダムX

通常、ダーツデリートは相手が《禁断~封印されしX~》を採用していた場合、《オールデリート》による勝利を狙う事ができません。

しかし、《ギガタック・ハイパー・トラップ》でお互いのカードをマナゾーンに送った場合、自分と相手の《禁断~封印されしX~》の封印がすべて外れ、アクティブプレイヤー側(自分)の《禁断~封印されしX~》が禁断開放しますが、まだ相手の《禁断~封印されしX~》は禁断開放する前の段階ですので、《伝説の禁断ドキンダムX》の力で封印する事はできません。

そして、非アクティブプレイヤー側の《禁断~封印されしX~》が禁断開放する事で、こちらの《伝説の禁断ドキンダムX》は封印されます。

《オールデリート》の場合、このように自分の《伝説の禁断ドキンダムX》だけが封印された状態になってしまうと、シールドや手札がすべて山札に送られていますので、これ以上の展開ができず次の相手のターンに攻撃されて敗北していますが、《ギガタック・ハイパートラップ》の場合は場のカードをすべてマナゾーンに送る効果なので、最大12枚追加されるマナゾーンを使って、相手の《伝説の禁断ドキンダム》を除去するだけで勝利する事ができます。
なんならこちらの《伝説の禁断ドキンダムX》は封印されていますので、《オールデリート》を発動する事で勝利する事も可能です。

最後に


ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ

《禁断~封印されしX~》が2枚採用されたおかげで《時空の支配者ディアボロスZ》は覚醒し放題なところも面白いですし、《禁断~封印されしX~》を2枚持っている人にとっては、その2枚の《禁断~封印されしX~》に意味が出るデッキでもありますので、是非CSのサブトーナメントやフリー対戦などで殿堂ゼロを遊ぶ機会があれば、触れてみて頂ければと思います。
それではまた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

新商品の予約はこちらから

デュエル・マスターズ TCG DMSD-04 ジョーカーズ・弾銃炸裂・スタートデッキ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-03-17)
売り上げランキング: 188
デュエル・マスターズ TCG DMSD-05 オウ禍武斗・マッハ炸裂・スタートデッキ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-03-17)
売り上げランキング: 165
関連記事
新商品情報デッキアイディア&コンボ集優勝デッキレシピ集ユニークな優勝デッキレシピ集最新弾
裁定昔のカードCSヒストリー環境環境デッキランキング
安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング殿堂入りカードリスト

コメント: コメント(4)

つまり禁断4枚積みして1ターン目ダーツギガタックすれば24マナ溜まるな(暴論
[ 2018/04/05 22:14 ] [ 編集 ]
自分のドキンダムXが封印されてる状態でオールデリート撃ったらアクティブプレイヤー側の処理が先なので負けになりませんか?
鼓動状態の場を離れないは消えてると思うんですが
[ 2018/04/05 22:40 ] [ 編集 ]
ルール上封印されているクリーチャーはカード指定の除去も受けませんよ
[ 2018/04/05 22:54 ] [ 編集 ]
封印は「封印されているクリーチャーを無視する」というという状態なので、
クリーチャー封印→カード除去の対象にならない。
鼓動封印→カード除去の対象にはなるが自身の効果で離れない。
となり、結果的に同じ事が起こります。
[ 2018/04/06 03:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
安くて強いデッキクイズコーナー相場情報構築済みデッキランキング殿堂入りカードリスト

ブログについて
ブログに関するお問い合わせはこちら メールフォーム
Twitter等へのスクリーンショット等を利用した記事の引用・転載はご遠慮頂きます様お願い致します。
記事検索
スポンサードリンク
このブログについて

■ブログ名:デネブログ

デュエルマスターズのデッキ、優勝デッキレシピ、コンボ、環境解説などを掲載しています。

TOP絵、相互リンク、相互RSSを募集中です。こちらからご連絡下さい。

広告掲載、情報提供、削除依頼などはメールフォームまたはTwitterのダイレクトメールにてお寄せ下さい。

頂き物



top_サムネイル

ほったりょう様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

tanyさんからの頂き物

tany様よりイラストを頂きました。ありがとうございます。

20151011.jpg

ぽよすけ様よりTOP絵としての使用許可を頂きました。ありがとうございます。
広告について

デネブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。